衆妙の門

できるだけ、日常に沿った具体的な易などの運用を記していこうと思っています。

言葉を繋ぐ(24)-2

【直訳】

能(よ)くこれを心に説(よろこ)び、能くこれを慮(りょ)に研(みが)き、天下の吉凶を定め、天下の亹亹(びび)を成す者なり。

 

【原文】

能説諸心。能研諸侯之慮。定天下之吉凶。成天下之亹亹者。

 

【私的解釈】
 乾坤の徳によって、自分だけでなく周囲の人も本当の意味で喜ぶことができ、また細やかな計らいを磨くことができる。世の中の良し悪し吉凶を見定めるには、世の中の善悪、流行等に迷わされずに弛まぬ努力をする事である。

 

  人は思いもよらず、世間一般の常識に囚われているものです。

 

  何か形を作るとそれが拠り所になるから。

 

  そこから逸脱すると非常識と言われます。

 

  常識を基準とせずに、常に乾坤の兼ね合いを考えて、言動、行動すればいつの間にか非常識と言われていたものも受け入れられます。

言葉を繋ぐ(24)-1

【直訳】

それ乾は、天下の至健(しけん)なり。徳行恒(つね)に易(い)にしてもって険を知る。それ坤は、天下の至順(しじゅん)なり。徳行恒に簡にしてもって阻を知る。

 

【原文】

夫乾。天下之至健也。德行恆易以知險。夫坤。天下之至順也。德行恆簡以知阻。

 

【私的解釈】
 乾とは天下のこれ以上ない健なかなものである。徳にかなった正しい行ないは、常に優しくすることで厳しさを知ることである。

 

    坤は天下のこれ以上ない順なるものである。徳にかなった正しい行ないは、手軽にすることで端緒を掴ませ、その後にその精妙さを実現することの難しさ、険しさ、厳しさを理解させる事である。

 

 人と共に学んでいく姿勢として、

 

 自我や自尊心が悪いのではなく、自我や自尊心が大きく伸びやかな人はそれを人に優しくする事(坤)に転化できれば、そこから人は厳しさを受け取る事でしょう。受け取れなければ、それはその人の問題で、その時期になかったのか、その方向を向いていないだけです。

 

 優しさや気配りの大きな人は、その性質によって人と仲良くなりやすく、受け入れやすくすることができるので、そこから徐々に難しい事、精妙な事(乾)を実現できるように寄りそって行ければ難しさ、険しさ、厳しさも理解できるようになります。但し、その時期にない人、その方向を向いていない人は、その優しさに浸かり、甘えるだけになるという錯卦もあるので充分に注意する必要があります。

 

言葉を繋ぐ(23)

【直訳】

易の興るや、それ殷の末世、周の盛徳に当るか。文王と紂(ちゅう)との事に当るか。この故にその辞危うし。危(あや)ぶむ者は平らかならしめ、易(あなど)る者は傾かしむ。その道はなはだ大にして、百物廃(すた)れず。懼れてもって終始すれば、その要は咎なし。これを易の道と謂うなり。

 

【原文】

易之興也。其當殷之末世周之盛德邪。當文王與紂之事邪。是故其辞危。危者使平。易者使傾。其道甚大。百物不廢。懼以終始。其要无咎。此之謂易之道也。

 

【私的解釈】
 易が盛んになったのは、そもそも殷の末世であり、陰徳が盛んになった周が中華を支配する時に当たるだろう。また文王と紂王との徳の違いにも当たるだろう。だからその言葉(彖辞)には危険性が伴う。危ういと感じる者は平安にしようとし、侮る者は傾けてしまう。易の道ははなはだ大きく、多くのものは廃れていない。警戒しながら終始すれば、その要は咎はない。これこそが易の道といえるのである。

 

 易の道(陰陽太極)について、殷朝の最後は紂王であり、人々に影ながらその徳を崇められていた周の文王が殷に取って代わった時代です。

 

 また殷の紂王は酒池肉林や蠱毒、炮烙(ほうらく)の刑等の言葉を生んだ事で知られる暴君であり、周の文王は後天八卦を描いたと言われる英雄とも言える人です。

 

 この2つの対比から、様々な事象についての危険や不安、例えば気候が荒れる、

政治情勢が不安定となる、人との付き合いがうまくいかなくなる等を抽象的に表現しています。

 

  このようなバランスの崩れがあるからこそ、それを安定させようと考え、安定している人は不安定な方向へ走りがちだと言っています。

 

 その為、どんな時でも不安定さや危険性を心の片隅に認識しながら、安定する方向へ向かおうとすれば必ず悪い事は起こらない、これが易の法則性の大要だと言っているのだと考えています。

 

 

言葉を繋ぐ(22)

【直訳】

易の書たるや、広大にして悉(ことごと)く備わる。天道あり、人道あり、地道あり。三才を兼ねてこれを両(ふた)つにす。故に六なり。六とは它(た)にあらず。三才の道なり。道に変動あり、故に爻と曰う。爻に等あり、故に物と曰う。物相い雑(まじ)る、故に文(あや)と曰う。文当らず、故に吉凶生ず。

 

【原文】

易之爲書也。廣大悉備。有天道焉。有人道焉。有地道焉。兼三材而兩之。故六。六者非它也。三材之道也。道有變動。故曰爻。爻有等。故曰物。物相雜。故曰文。文不當。故吉凶生焉。

 

【私的解釈】
 易の書は、広い分野にまで及び細部にまで渡っているので全てが備わっていると言える。天の道も人の道もここに全てがあり、地の道もここに全てがある。三才(天と地と人)を二つ重ね合わせて対をなすものにすることで、六爻になっているのである。六とは他でもない、三才の道である。道には変動があるので爻を作っている。爻には位置という時間の流れによる変化があるのでこれを今起きている現象としている。現象同士が互いにまじり入るので、それを文(模様)と言って言葉にしている。文が当てはまらない場合に、その人の心は吉凶を生じる。

 

 易は全ての法則性を伝える為にあらゆる物事、現象を簡単に纏めている。簡単に纏めているので、もう一度自分の目線で広げて高めていく必要がある。

 

 それができると、天も人も地も同じであることが分かり、それぞれの道も分かる。

更に細かく時間の流れを示す為に爻という概念がある。この爻という概念は、他者の爻や天地の爻とも混じり合うので、それを具体的に言葉にすることで、その人の今の状態、向かっていく方向などを示す事はできるが、その爻をどう考え、どう感じるかはその人次第であり、その人が良いと思えば吉、悪いと思えば凶というだけのこととなる。

 

 素問・上古天真論篇第一には、

 

 男性は八の倍数で身体の変化の目安とし、女性は七の倍数で身体の変化の目安とするという話がありますが、この話の隠れた部分となります。

 

 三才が重なって六爻となり、この六爻を地とし、天は1つなので九とすると、

大きな目線では、六爻(地)、七・八(人)、九(天)となります。

 

 古代東洋では九が最高の数字であるとされた数の理論に従っているという事です。

言葉を繋ぐ(21)-3

【直訳】

噫(ああ)また存亡吉凶を要するは、居ながらにして知るべし。知者その彖辞を観れば、思い半(なか)ばに過ぎん。

 

【原文】

噫亦要存亡吉凶。則居可知矣。知者觀其彖辭。則思過半矣。

 

【私的解釈】
 生死や良し悪しを求めてしまうのは、簡単に、しかも直ぐに知ることができるからである。本来の智恵を使えている人であれば易の彖辞(卦辞)を見ることで、直近の良し悪しよりも、その内容や大きな方向性に思いを馳せるであろう。

 

   結果というものは理解しやすく現状或いは未来を示していると思うのが普通です。しかし、あくまでもそれは人生の中のほんの1部の状況であり、

 

 山沢損から風雷益に変化するように、今悪いと思っている事も将来のハードルを越える為のハードルかもしれないのです。

 

  智恵を生かせれば、 小さな太極に囚われず大きな太極とのバランスに目が行くのではないでしょうか。

 

  たとえ自分の人生で、全てが叶わなくとも誰かが次いで繋げる事ができれば、自分の太極の終わりが誰かの太極の始めになるという考えにも繋がっていきます。

言葉を繋ぐ(21)-2

【直訳】

その初(しょ)は知り難く、その上(じょう)は知り易し。本末なればなり。初は辞もてこれに擬(なぞら)え、卒(おわ)りはこれを成して終る。もしそれ物を雑(まじ)え徳を撰(えら)び、是と非とを弁ぜんとすれば、その中爻にあらざれば備わらず。

 

【原文】

其初雜知。其上易知。本末也。初辭擬之。卒成之終。若夫雜物撰德。辯是與非。則非其中爻不備。

 

【私的解釈】
 そもそも初爻(初め)は分かりにくく、上爻(その卦の終わり)は分かりやすいものである。始めと終わりだからである。初爻は言葉で事の初めを擬えるが、終わりは事が完成して終わるので知りやすい。もしそれが事柄を入りまじえ、徳を選んで集め、是と非を区分けするとすれば、中爻(初爻と上爻の中)がなければ十分ではない。

 

 大成卦を太極として、それぞれの爻の意味を測ると、初爻はその卦の歩き始め、

上爻はその卦が完成する事になるので、上爻は分かりやすく初爻は分かりにくい。

 

 今何かの欲求にかられ、行動、言動をしたとして、その意味を測るのは、その行動、言動(始)によって対象が影響を受け、或いは影響がなく、それを自分がどう思うか(終)まで来て始めて意味(道)が深く理解できる。

 

 これが、望んだ方向へ動くのか、望んでいない方向へ動くのかは、どれだけ陰徳を積んでいるかにもよるが、始めと終わりの間にどのような行動、言動をしているのかによって判断することが大切である。

 

始めと終わり、そして途中経過。

前と中と後ろ。

上焦と中焦と下焦。

仁脈、衝脈、督脈。

 

太極と言う1を3にしています。

 

また、原因と経過と結果も同じ関係性を持っています。

 

病気の根本原因と、伝播していく過程と出ている症状。

 

怪我であっても同じです。

言葉を繋ぐ(21)-1

【直訳】

易これ書たるや、始めを原(たず)ね終りを要(もと)め、もって質となすなり。六爻相い雑(まじ)るは、ただその時の物なり。

 

【原文】

易之爲書也。原始要終。以爲質也。六爻相雜。唯其時物也。

 

 

【私的解釈】
 易の書は、『始め、出発点、大元、原因』が何かを考えた上で、その最終的な『終わり、到達点、精華、結果』をイメージして行動し、その行動の結果をまた鑑みて詳細に突き詰めていくものである。六爻が互いに入りまじるのは、ただ今その時々の事柄を現しているだけなのである。

 

 易の書は道(太極)を易の書なりに設定しているので、これを足がかりとしてその人なりに太極を設定し、精錬していく事がその人、その技、その道の質の良し悪しとなる。

 

 爻辞に示される6つの爻は、その太極が今どこにいて、どこに向かっているかを示しているだけなので、ここに拘泥しすぎないようにすべきである。

 

 ピタリと当たると凄いと思いがちですが、それは判断した人の修練度合い(結果)を見ているだけなので、そこから自分が何をしていくかの方が大切です。

 

 技は極めれば精巧になります。技を極めたいのはそれを用いる人の自尊心。

 

 その自尊心を最大限に活かせば最終的にはどこへ行くのか、それがまた形を変えて自分や他の人へ影響します。

 

 詳しく書かないのは、それぞれで考えて色々な花を咲かせて欲しいという

 古人の夢、願いだと感じています。