衆妙の門

できるだけ、日常に沿った具体的な易などの運用を記していこうと思っています。

導引、瞑想、手印、真言

昔から伝わっているのにバラバラになったもの。 呼吸の有と無、出入を導引によって身体を一元化し、 思考の有無、出入を瞑想によって心、自他を一元化し、 手印と真言で心身を統一して具現化する。 皆がやっている事を精錬しているだけなので、 治療家には必…

周易でちょっと読み解く上古天真論(6)

最後の段は、始めに出て来た時代の違いによる人の違いについて 始めは上古(今から4000程前)と今(漢の時代、今から2000年程前)の2つに分けていましたが、ここでは上古と中古に分けた上で、養生を全うした人を真人、至人、聖人、賢人と分けています。 そし…

周易でちょっと読み解く上古天真論(4)

上古聖人が書いてくれた解決策、前半に対する下の句は、 虚邪賊風、避之有時。恬淡虚無、真気從之。精神内守、病安從来。 外から来るものに対しては避ける時機を見極め、避ける事。 心神の働きを極力少なくしていれば、その外からくるものに対しても対応でき…

周易でちょっと読み解く上古天真論(5)

次は、有名ですので説明の必要はないでしょう。 少し補うならば、 宇宙は10、天は9、地は6というのが周易での数の基本です。(1〜5までは生まれて人として形作られるまでの数) そして3つに分類する場合、天人地三才として考えます。 つまり、人は7…

周易でちょっと読み解く上古天真論(3)

では、次にこの四象を八卦にまで広げてみます。 1.黃帝の紹介 わざわざ「而」で区切ってくれています。今から、象・数・理を 書いていくので、注意して練習してくださいねと言っています。 生而〜、弱而〜、幼而〜、長而〜、成而〜 5つに分類していますね…

周易でちょっと読み解く上古天真論(2)

先ず、全体の文章構成。 これは一般的な論文と似ていますので、まだ分かりやすいと思います。 1、本書の重要性 2、養生の大切さ(本編の伝えたい事) の2点です。 更に4つに分類すると、 1、黄帝の紹介 2、養生の大切さ 3、男女に分けた成長、発達、…

周易でちょっと読み解く上古天真論(1)

何度も読んだ人にとっては既知の事かもしれませんが、これは東洋医学の基礎であると同時に周易を学び、その考えを体得する為の練習教材となっています。 ここで、象・数・理(イメージ・数字・意味)について何度か書いたと思いますが、 さて、上古天真論を…

環、巡、繋、螺旋

平面で簡易として図に現せば 和を以て尊しと為す 感情、神を自分の中に全て治め、 人と繋がってその和を調整し、 動きながらその動きが規則的に流れれば、 次の次元へ繋がる

簡易の功と罪

できるだけ簡単に、 全ての要素を含めて 繋がるように 循環させる 意味とイメージと理を持たせる 変化の法則 これをやると私(独自、偏見を持った)の型になる。 結局、型をどのように認識するか? 型を型で終わらせると、それまで。(極) 繋がらないと、そ…

言霊とラップ

いや〜、、、、、 ショック( ̄0 ̄) 増田正人先生の changeがいきなりの最終回 国文学者の家に生まれ、お嬢様学校の生徒だった栞がラップバトルで言葉の陰陽を交流する 過去も未来も関係なく、今に集約した一つの形を増田正人先生の熱い作画で展開していた漫…

代数、代名(2)

本日拝読したブログに以下のようなものがありました。 kodomokyouiku.upper.jp 読んでいただけると分かると思いますが、 子どもへの声かけによる教育について書かれています。 子どもにとって、親や大人は神(神職者)のような存在 その兄が発する言葉や威は…

代数、代名(1)

前回、意念や呪文と言う現代では聞き慣れない言葉を使いました。 これを読むと怪しいと思った人が多いと思います。 そこで、もう少し広く深く読み解いてみましょう。 老子道徳経の體道第一には「道可道、非常道。名可名、非常名。」と書かれています。 これ…

意念と思念と観念と呪文

意念とは、ある一つの物事に集中し、意識を凝縮させる自分の中の作業。 思念とは、意念の先、集中の先にある何も考えない自分の中の現象(外と繋がる)。 観念とは、元々その人が持っていたイメージ。 ここに書く際に、言葉の定義(太極)をかなり狭めないと…

気と炎色反応

怪しい話はあまり好きではありませんが、最近人を見て気の盛衰を感じる事が多く、どうやってこれを伝えるのかがいつも僕の課題になります。 端的に言うと炎色反応での説明が、科学的、 現代的です。 科学的には、熱を持ったものは電子エネルギーが不安定とな…

2020年 庚子年 おまけ

庚子年は熒惑星、太白星の影響を強く受けています。 つまり、火星と金星の重力の影響を強く受けています。 火星は、日本では敏達天皇の御代に、聖徳太子が優れた歌人を熒惑星と看破した事で知られていますが、僕は火(エネルギー)が陽明で充満して出しどこ…

2020年 庚子年 (3)

三碧木星、四緑木星、九紫火星辺りに生まれた人はちょっと窮屈な1年になるかもしれませんし、その星に生まれても自制心を高める人生を送られてきた人には平凡な1年になるかもしれません。 情熱、目的を多く持ちながらも、どこか冷静。 これに予期せぬ事が…

2020年 庚子年 (2)

大きく見ると、 少陰君火が上にあり、 陽明燥金が下にあります。 卦では火沢睽。 気候は経常的に気温は高いけれども地面は乾燥している(湿気が足りない)。 人体では上、外に熱を持ちやすく、鬱憤が溜まりやすいが、それを出す為の燃料がない。 細かく観る…

2020年 庚子年(1)

1日(昼夜、地球の自転)のサイクル 1週間(日月五星)のサイクル 1ヶ月(月の満ち欠け)のサイクル 1年(四季、地球の公転)のサイクル 60年(上記サイクルの全てのパターン)が 現れるサイクル 見えない循環が繋がりながら時間は流れています。(と…

眉間の皺

観相学では、ここを印堂と呼びます。 そして小人形法では肺に当たる部分。 肺は蓋であり、器の大きさだけ必要なので、眉間の広さが心の広さだと 私の解釈で良く言っています。 ここに皺が寄るのは、 1、苦労、苦節を感じてきた過去 2、外からの圧力に粛降…

観相学と反射区、東洋医学

前回書いたものと繋がりますが、 観相学とは、顔の骨格、気色を照らし合せてその人の過去、現在、未来を分析してするものですが、これも観相学というバイアスであり、反射区です。 この反射区は大まかに分類すると、 骨相→過去→地 発育度合い→過去から現在→…

バイアスと反射区、東洋医学

バイアスと言う言葉を易を用いて解釈すると、 ある一定の角度、方向から観る事(乾)。 反射区と言う概念を易を用いて解釈すると、 ある範囲内に太極を設定して(極)、 それを普遍的なものと仮定して(通・坤)、 普及させ、長く使えるようにしようとするも…

徳の陰陽(7)

効能 こう書くと、私的には一気に胡散臭くなります。 しかし、こう書く事で何かしらを感じる人が増えるのであれば、それも陰陽平衡なので、敢えて太極を小さくして書きます。 威と仁の効能 威は太極を非常に小さくする事で短期的(人によっては長期的)な目…

徳の陰陽(6)

陽徳は、例えば誰かにする施し、教える事や導く事。 陰徳は、例えば公共の場所を人知れず清掃することや神社仏閣等へ行ったり、瞑想したり、先祖供養等。 誰でも普段行う、行える事です。 自分の住んでいるところの清掃は、自分自身の心の浄化(欲、威)がベ…

徳の陰陽(5)

徳の陰陽を仁と威という太極に矮小化してみました。 医は仁なり という言葉が有名になったのは貝原益軒の養生訓と言われていますが、更に元を辿れば丹波康頼の医心方へ、そして孫思邈の千金要方へと遡る事ができます。 簡単に言うと仁と威(優しさと導く力)…

徳の陰陽(4)

陰徳はわかりにくいけれど、人の為、何かの為に長い期間益となるような陰の働きかけです。 これに対して陽徳は分かりやすい天の徳ですが、昔は威と言う言葉でもあらわされています。 存在しているだけで、頼もしい、頼りになります。そして義に背く事に対し…

徳の陰陽(3)

天徳には陽と陰があり、 陽徳は自我の発揚による施しやリーダーシップに関わる事を書いてきました。 しかし、大切なのは陰徳。 空気に喩えると、季節の変化による寒暖の差が空気の陽徳。 空気の存在自体が陰徳です。 目に見えないものの中に分かる行動と、 …

徳の陰陽(2)

自然現象を天とし、 人を地とすると、 人には社会が来ます。 本来なら、天候を天とし、 地形、環境を地とし、 人は人と考えますが、 それは一般に通用している簡易の話。 ここから敷衍して様々な事象に当てはめていきます。 例えば、誰かに言われた言葉に怒…

徳の陰陽(1)

道徳の語源となった、道と徳。 道は地にあり太極を示し、 徳は天から流れ無極を示していると考えています。 だから天徳とも言います。 コツコツ行うことを地道と言いますが、 地道の対義語ですね。 この徳にも陰陽があります。 目に見えて、人を引っ張り、集…

中医基礎理論

上海の先生は、第五版以降は使わないと昔聞いてました。 今回、ちょっと後輩の助けとなる為に、第五版を久し振りに取り出し、私的解釈を含めて翻訳していたら、やっぱり第五版は深いな〜と改めて感心。 第五版 7の病機に関しての冒頭は、 病机,即疾病发生…

老中医(2)

江蘇省から上海に来て、初めての難関を突破した翁泉海。 裁判が終わった後、趙閔堂と呉雪初が二人で酒を酌み交わしながら、呉雪初が言った言葉が秀逸でした。 「秦仲山患病日久,大骨枯槁,大肉陷下,五脏元气大伤,营卫循序失常。 脉如游丝,似豆转脉中,且…