衆妙の門

できるだけ、日常に沿った具体的な易などの運用を記していこうと思っています。

2019-07-12から1日間の記事一覧

眉間の皺

観相学では、ここを印堂と呼びます。 そして小人形法では肺に当たる部分。 肺は蓋であり、器の大きさだけ必要なので、眉間の広さが心の広さだと 私の解釈で良く言っています。 ここに皺が寄るのは、 1、苦労、苦節を感じてきた過去 2、外からの圧力に粛降…