衆妙の門

できるだけ、日常に沿った具体的な易などの運用を記していこうと思っています。

言葉を繋ぐ(8)ー5

乾為天 上爻 f:id:shuji0211:20180517225549j:plain

 

 亢龍悔いあり

 

孔子は「貴いようでも位がなく、高すぎれば民がついてこない。賢人は位を下にして助けないので、そこから動けば後悔することになる」と解釈しています。

 

乾為天は、全て陽で構成された卦です。

エネルギー一杯の姿をあらわしてます。

つまり、自信満々の人、自尊心の高い人。

 

 余りに自尊心が高すぎると、その人がどのような職で上にいるかに関係なく、

だれも助けられないどころか、自分の身さえも怪しい状態だと解釈しています。

 

   この場合の賢人は聖人より下。ただその会社や業界で地位が高くなっただけで仁愛の心が未だ育ってない人の事でしょうね。

 

乾為天は文字通り、太陽のようなエネルギーを発しています。ただいるだけで誰かに幸せを与えられる可能性がある存在なのにも関わらず、一番上(上爻)まで行くと、いきすぎてしまって全てに後悔しか残りません。

 

身体的には体内に熱が籠もりすぎている状態です。体力があればどこからでも気が抜ければ解決します。